前へ
次へ

フリーランス軽貨物ドライバーの解説

フリーランスと聞くと、ウェブ分野やアイティー分野などの情報処理産業を思い浮かべる方が多いと思います。

more

荷主専属契約の軽貨物運送ドライバーの特徴

軽貨物運送業界はフリーランスドライバーが主流ですが、中には荷主と専属契約を結んでいる軽貨物運送ドライ

more

軽貨物運送ドライバーがスポット運送案件を取得するコツ

最近ではスマートフォンアプリで荷主とフリーランス軽貨物運送ドライバーをマッチングするサービスが、国内

more

軽貨物運送はフリーランスと専属契約どっちが稼げる?

軽貨物運送ドライバーと一口にいっても、そのジャンルは非常に多種多様です。例えば通販サイトの軽貨物を運送する、一般的な軽貨物ドライバーからペットショップ向けの生体軽貨物運送まであります。このように軽貨物運送には多くのジャンルがあります。しかしどれが安定して稼げるという訳ではありません。なぜなら「収入」という所に目を向けるのであれば、運送する軽貨物のジャンルではなく、荷主と結ぶ契約形態が重要だからです。そんな大切な契約形態は主に2つあります。1つ目はフリーランス軽貨物ドライバーです。軽貨物ドライバーが一事業主として荷主から単発で仕事を請け負う軽貨物運送の形態です。メリットは個人事業主なので自由であること、仕事を選べること、営業力があれば稼げる金額が高額化するなどです。デメリットは景気が不安定化すれば、軽貨物運送案件が激減する為、収入が不安定になってしまうことと、営業力が無ければ仕事を請け負うことが出来ない点です。2つめは荷主専属契約です。荷主の専属軽貨物運送ドライバーとして契約する事で、定期的に軽貨物を運送する形態です。メリットは荷主と専属契約するので軽貨物運送案件が安定するということ、営業力に自信がなくても仕事が途絶えないということです。デメリットは定期的に軽貨物を運送しなければいけないので時間に制約ができるということ、荷主と長期的な従属関係が発生してしまうという事、荷主との軽貨物運送契約が切れると、軽貨物運送案件がなくなってしまうという事です。フリーランス軽貨物運送ドライバーと荷主専属契約ドライバーのまとめ。できるだけ安定して稼ぎたいという方は荷主専属契約ドライバーを、自由かつリスクを負ってでも高収入を実現したい方はフリーランス軽貨物運送ドライバーがオススメです。どちらの契約形態が優れているのではなく、フリーランス軽貨物運送ドライバーとフリーランスドライバー、それぞれに一長一短あるという事を忘れてはいけません。

軽貨物運送事業 オーナー様募集
一緒に働いてくれるドライバーを募集しています

Page Top